2020年度BBCOACH PROJECTサポートフェロー:中村哲子

中村哲子

中村哲子(駒澤大学総合教育研究部)

自己紹介:
大学で英語や英語文学の授業を担当しながら、アイルランド文学を中心とした文学研究に携わっています。慶應義塾大学大学院やノッティンガム大学大学院で学び、日本医科大学を経て現職にあります。これまで、授業をとおして理系から文系までさまざまな学生さんと出会い、英語を目の前にして、日本語も含めてことばをどう捉え、身につけていったらいいかについて共に考え、伝えてきました。


応援メッセージ:
 皆さんのさまざまなプロジェクトへの取り組みと、そこで発揮されるエネルギーはかけがえのないものだと思っています。そこには、皆さんの何かを知り、何かを作り上げるプロセスで得られる知的な喜びへの追求があります。時には、思うように結果が得られないこともあるでしょう。わからない、うまく解けないという経験こそが貴重であることも忘れないでください。コロナ禍によって図らずも可視化されたように、答えの出ないことにどう立ち向かうかを考えることが、私たちには求められています。不安と喜びのはざまで、皆さんが新たな自分と出会うことを願っています。

2020年度BBCOACH PROJECTサポートフェロー:島崎理一

所属: OPTYWORKS 株式会社 代表取締役

自己紹介: 

日本興業銀行・海外証券子会社・経営コンサルティング会社の事業部長・石油化学メーカーの海外部門長・IT大手システム会社の事業企画本部長・ベンチャー企業での事業部長の経験を活かして、今年、会社を起こしまして、複数の会社で経営コンサルティング・Startup企業支援・教育研修開発の仕事をしております。とにかくこの歳のサラリーマン出身の経営者としては異色の経歴を持つアイデアマンとして、いろいろな分野の企業や政府の難題解決に取り組んでおります。

おかげさまでPBLに限らず、マネジメント・プロセスの分野での仕事やボランティアの経験の機会が多く、PMBOK(プロジェクトマネジメントの標準体系)の日本支部の理事(現在は監事)、ITIL(システム運用業務プロセスの標準体系)での日本での最初の入門書の執筆、最近ではCIBOK(サイバーセキュリティ分野の標準体系)での啓蒙活動、POMBOK(エネルギー分野での標準体系)での日本初最初の標準体系のとりまとめ等、様々な業界のグローバル標準化・経営に大きく関わってきました。最近では、DX関連の仕事が増えています。興味ある方はご連絡ください。

応援メッセージ: 

PBLに関しては、私は10年ほど前に米国視察に仲間と行き、衝撃を受けたのが最初です。それ以来、新たな社会での学習のあり方を模索しております。デジタル社会の時代を迎えて、大きく学習の在り方が変わってきています。何が本質的に変わらず、何が大きく変わろうとしているのか、そんな視点を踏まえて、私なりの経験をお伝えできればいいなと思っています。

2020年度BBCOACH PROJECTサポートフェロー:草場壽一

自己紹介
草場 壽一

佐賀県出身。

一般社団法人 未来技術推進協会 代表理事

京都大学・大学院卒。超伝導体の研究。その後、大手電気メーカーの研究所入所。メタマテリアル、三次元積層メモリ等の研究。

2017年8月に、エンジニアが社会課題を解決する流れを作るべく、未来技術推進協会設立。テクノロジーベースのスタートアップを生み出すエコシステム構築中。

SDGsを楽しく学べるボードゲームを開発し、2020年にソーシャルプロダクツ賞を受賞。

応援メッセージ

自分の未来の責任を今果たそうとしている皆様の取り組みには、感動を覚えます。デジタルネイティブの皆様の、テクノロジーを活かしたアイデアで社会的インパクトを世界に与えることも期待しています。

2020年度BBCOACH PROJECTサポートフェロー:金井隆行

自己紹介
金井 隆行(37)
株式会社近畿日本ツーリスト首都圏 本社団体旅行部SDGs推進担当
総合的探究型学習型のSDGs研修や修学旅行などの普及を目指しバックキャスティングで活動中。

応援メッセージ
2030年を支える学生達が他人事ではなく自分ごととして捉える学生や生徒を応援しております。
これから迎える、SDGs、Society 5.0やディープラーニング発展を一緒に自分事で頑張りましょう!
このBBCoach Projectを通して、PBLを取り込み、日本社会を変革してください!
自分たちの将来は自分たちで作る、誰も取り残さない という皆様の熱い思いを応援しております!​